セブン&アイ・ホールディングス企業年金基金
ホーム サイトマップ リンク集
NEWS&TOPICS
 
セブン&アイ・ホールディングス企業年金基金の概要
「企業年金基金」とは?
セブン&アイHLDGS.
各社の退職金制度
セブン&アイHLDGS.
各社の年金制度
通算企業年金(ポータビリティ)制度について
セブン&アイHLDGS.
各社の退職金・年金制度Q&A
企業年金基金○×クイズ
当基金の個人情報等保護対策
退職されたみなさんへ
HOME > 「企業年金基金」とは? > 厚生年金基金と企業年金基金の大きな違い…代行返上とは
厚生年金基金と企業年金基金の大きな違い…代行返上とは

企業年金基金は厚生年金の代行を行いません

 厚生年金基金と、企業年金基金の一番の違いは、厚生年金の給付代行をするかしないかという点にあります。
 平成16年8月までの厚生年金基金では、国の老齢厚生年金の報酬比例部分の運用を基金が代行して行っていました。平成14年から確定給付企業年金法が施行され、国の年金を代行しない企業年金基金に移行できるようになりました。



代行返上と資産返還

 厚生年金基金では、厚生年金の報酬比例部分について、掛金の収納から資産の運用、年金給付まで代行を行っていたわけですが、これを国に返上することを「代行返上」といいます。
 代行返上によって年金の支給義務は厚生年金基金から国に移りますので、従来積み立てられてきた年金資産(過去の加入期間に応じた代行部分の給付を行うために必要な責任準備金)を国に返還することになります。
 このように代行部分の年金は国から支給されるようになりますが、支給額は代行返上前と変わりません。
 厚生年金基金の上乗せ部分(加算部分とプラスアルファ部分)の支給義務と積立金は、企業年金基金に継承されています。



 
 
COPYRIGHT(C) セブン&アイ・ホールディングス企業年金基金 ALL RIGHTS RESERVED.