セブン&アイ・ホールディングス企業年金基金
ホーム サイトマップ リンク集
NEWS&TOPICS
 
セブン&アイ・ホールディングス企業年金基金の概要
「企業年金基金」とは?
セブン&アイHLDGS.
各社の退職金制度
セブン&アイHLDGS.
各社の年金制度
通算企業年金(ポータビリティ)制度について
セブン&アイHLDGS.
各社の退職金・年金制度Q&A
企業年金基金○×クイズ
当基金の個人情報等保護対策
退職されたみなさんへ
HOME > 「企業年金基金」とは? > 企業年金基金のメリットは?
企業年金基金のメリットは?

 

働きながら老後の備えとして準備できる

   

掛金は全額会社が負担します。運用管理は基金が担当し、資産保全に努めます。

   

20年以上加入すれば老齢給付金がもらえる

   

国民年金、厚生年金の老齢基礎年金・老齢厚生年金を受けるためには、保険料を25年以上支払う必要がありますが、企業年金基金から支払われる老齢給付金は、20年以上加入すれば支払われます。

 

 

途中で会社をやめても、脱退一時金がもらえる

   

当基金は退職金をベースに作られた制度です。3年以上加入した人が途中で脱退した場合、脱退一時金を支給しています。
脱退一時金(退職金)は退職所得控除の対象となります。

   

基金から受ける年金の一部を、所得税・住民税の対象からはずすことができる

   

年金等による収入には、雑所得として所得税・住民税が課税されます。企業年金基金から支給される年金は公的年金等控除の対象となります。個人年金より優遇されています。

 

 

安定した資産形成

   

あらかじめ確定した年金額を約束する確定給付企業年金であり、安定した老後の資産形成ができます。

   

約束した給付を守る「受給権保護」があるので安心

   

企業年金基金には、万が一制度が廃止(終了・解散)になっても、加入者が給付を受ける権利が保護される仕組みがあります。財政状況などについての情報開示もあります。

 


 
 
COPYRIGHT(C) セブン&アイ・ホールディングス企業年金基金 ALL RIGHTS RESERVED.